ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた

ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた

ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた

作者

監:佐藤 文香

内容

見出し

はじめに――ジェンダーってなに?



第一章 これってどうなの? 素朴な疑問

 1.男女平等をめざす世の中で女子校の意義ってなに?

 2.「〇〇男子/〇〇女子」って言い方したらダメ?

 3.男女平等は大事だけど、身体の違いもあるし仕事の向き不向きはあるんじゃない?

 4.ジェンダーを勉強したら、イクメンにならないといけないんでしょ?

 5.専業主婦になりたい人もいるよね?

 6.男女平等っていうけど、女性も「女らしさ」を利用しているよね?

 コラム1 女子力って……?



第二章 セクシュアル・マイノリティについてもっと知りたい!

 7.テレビにはゲイや女装家、トランスジェンダーが出ているけれど、違いはなんなの?

 8.「ホモ」、「レズ」って呼び方はダメなの?

 9.子ども産めないのに、同性婚って必要あるの?

 10.人を好きになったりセックスしたくなったりするのは誰でも自然なことだよね?

 11.日本はLGBTに寛容な国だよね?

 12.友達だと思ってたのに告られた……誰かに相談していい?

 コラム2 多数派の人たちの幸せは?



第三章 フェミニズムって怖いもの?

 13.フェミニズムって危険な思想なんでしょ?

 14.どうしてフェミニストはCMみたいな些細なことに噛みつくの?

 15.どうしてフェミニストは萌えキャラを目の敵にするの?

 16.どうしてフェミニストはミスコンに反対するの?

 17.フェミニストはなにかと女性差別というけど、伝統や文化も重んじるべきじゃない?

 18.ジェンダー研究に関心をもっている人とフェミニストとは別なんでしょ?

 コラム3 ジェンダー研究は女性の学問?



第四章 めざしているのは逆差別?

 19.男だって大変なのに、女がすぐハラスメントと騒ぐのって逆差別では?

 20.管理職の女性を30%にするって、女性だけを優遇する逆差別じゃない?

 21.東大が女子学生だけに家賃補助をするのって逆差別じゃない?

 22.女性専用車両って男性への差別じゃない?

 23.女性はバリキャリか専業主婦か選べるのに、男性は働くしか選択肢がないのっておかしくない?

 24.恋愛のハードルって男の方が高い。女ってだけでモテるんだから女はずるくない?

 コラム4 なんでジェンダーのゼミにいるのに化粧してるの?



第五章性暴力についてもっと考えたい!

 25.性欲って本能でしょ、そのせいで男性が女性を襲うのも仕方ないよね?

 26.性暴力って被害にあう側にも落ち度があるんじゃない?

 27.性暴力の被害者って女性だけだよね?

 28.性行為しておいて後から「あれはレイプだった」っておかしくない?

 29.性暴力ってある日突然見知らぬ人からレイプされることだよね?

 コラム5 ジェンダーを勉強するとつらくなる?



 読書案内



 おわりに
                        

作者経歴

監:佐藤 文香 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。博士(学術)。一橋大学大学院社会学研究科教授。専門はジェンダー研究、軍事・戦争とジェンダーの社会学。主な業績に『軍事組織とジェンダー――自衛隊の女性たち』(慶應義塾大学出版会、2004年)、『ジェンダー研究を継承する』(編集、人文書院、2017年)、メアリー・ルイーズ・ロバーツ著/西川美樹訳『兵士とセックス――第二次世界大戦下のフランスで米兵は何をしたのか?』(監訳、明石書店、2015年)など。

書籍情報

発売日:2019/7/4単行本(ソフトカバー):208ページISBN-10:475034852XISBN-13:978-4750348520出版社:明石書店 (2019/7/4)言語::日本語

出版書誌データベースより

レビュー


ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた

人文・思想カテゴリの最新記事