先生と親のためのLGBTガイド

先生と親のためのLGBTガイド

先生と親のためのLGBTガイド

作者

著:遠藤 まめた

内容

見出し

もくじ
◆「LGBTフレンドリー」チェックシート
第1章 LGBTってどんな人びと? いまさら聞けない10のギモン
 ◦ 同性を好きになるって、どのような感じでしょうか?
 ◦LGBTは先天的なものですか? それとも後天的なものですか?
 ◦同性を好きになることは、思春期の一過性なものでしょうか?
 ◦LGBTは治療すれば治るのでしょうか?
 ◦LGBTの人は、まわりにいないと思うのですが……?/ほか
第2章 LGBTの子どもたちの悩みごと
 ◦性別違和のめばえ
 ◦「同性が好きな自分」が怖い
 ◦トイレに入れない、更衣室で着替えられない
 ◦およそ7割がいじめや暴力を経験している
 ◦教師のホモネタ発言でいじめがひどくなる/ほか
第3章 教師・大人ができること
 ◦「ホモネタ」やいじめのサインを見逃さない
 ◦カミングアウトはされる側も動揺する
 ◦まずはプライバシーを守る
 ◦保護者の理解を得るようにはたらきかける
 ◦子どもたちが安心するアドバイス/ほか
第4章 大人へのインタビュー LGBTの子どもと向き合う
 ◆息子からゲイであることを打ち明けられた清水尚美さん
 (NPO法人「LGBTの家族と友人をつなぐ会」理事)
 ◆子どもたちの性へのギモンに答え続けてきた徳永桂子さん
 (思春期保健相談士)
第5章 もっと知りたい方へ
 ◦日本にLGBTに関係する法律はありますか?
 ◦LGBTの問題について国連ではどのような取り組みがされていますか?
 ◦トランスジェンダーが受けられる医療行為にはどのようなものがありますか?
 ◦LGBTについて児童・生徒にどのように教えればよいでしょうか?
付録 今日から使える! LGBT対応のための資料集
                        

作者経歴

著:遠藤 まめた 1987年埼玉県生まれ。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけに10代後半よりLGBT(セクシュアルマイノリティ)の子ども・若者支援に関わる。教員研修や、子ども支援に関わる相談機関等での講演会など多数。 毎年5月17日に「多様な性にYES!の日」全国キャンペーンを行なう「やっぱ愛ダホ!idaho-net.」呼びかけ人代表。 共著に『思春期サバイバル 10代のときって考えることが多くなる気がするわけ』(はるか書房)など。 「バラバラに、ともに。遠藤まめたのホームページ」http://www.endomameta.com

書籍情報

発売日:2016/6/30単行本:223ページISBN-13:978-4772612715出版社:合同出版 (2016/6/30)言語::日本語

出版書誌データベースより

レビュー


先生と親のためのLGBTガイド

暮らし・健康・子育てカテゴリの最新記事