ぼくは性別モラトリアム

ぼくは性別モラトリアム

ぼくは性別モラトリアム

作者

内容

日本には、左利きやAB型と同じぐらい、LGBTがいる。世の中は男と女の二択だけではないし、そもそも自分に性があることがイヤな人もいる……。

女性であることに違和感を持ち、「男になりたいんだ!」と思い込んでいた。でもよく考えてみたら、手術をして性別を変えたいわけじゃないし、男性として何かをしたいわけではない……。
あれ?ぼくはLGBTなの?それとも……? 

自分はいったい何者なのか。悩み考えた道のりを描いた実録漫画。

第1章 男になりたい! 
ぼくの現状/胸のこと/名前/好きな服を着たい/薄着がニガテ/化粧ってなんの罰ゲーム?/私? ぼく?/どちらの性別に見られているでShow/「自分の性別に違和感がある」という感覚/違和感はいつから?/女の子ってなんだ?/女の子になろうキャンペーン/消えない違和感/乱暴な口調=男子?  

第2章 ぼくはLGBTなのか?
Q.「LGBT」なのか?/そもそもLGBTって?/広いぞ!トランスジェンダー/手術!とまではいかない/性別モラトリアムで生きているということ/自分の居場所/「女の子だから」への反発/男性嫌悪/「男になりたい」とは/

第3章 男になりたい、わけではない…?  
なんで自分が女性であることが嫌なんだろう/性があることが嫌…?/書類/性があることが嫌ってつまり…/Aセクシャルというもの/熱量のある絵/お付き合い/いくら説明しても…/「○○らしさ」への固執

おわりに
こんな実録を描いておいてアレですが/特別ではなくて/あとがき
                            

見出し

作者経歴

書籍情報

発売日:2020/5/27単行本:143ページISBN-10:4344036050ISBN-13:978-4344036055出版社:幻冬舎 (2020/5/27)言語::日本語

出版書誌データベースより

レビュー


ぼくは性別モラトリアム

文学・評論カテゴリの最新記事