おやこで話す はじめてのLGBTs

おやこで話す はじめてのLGBTs

おやこで話す はじめてのLGBTs

作者

著:鶴岡 そらやす 絵:一芒

内容

好奇心旺盛な子どもたちは、たくさんの疑問を抱き、親に質問してきます。 
そんな時、「なんて答えたらいいか」「どうやって教えたらいいか」困ってしまうテーマのうち、とくに「答えづらいけど生きていくうえで大切なこと」を親子で会話しながら考えるためのシリーズ。
第一弾のテーマは、「LGBTs」。いざ子どもから「LBGTsって何?」「私たちと何がちがうの?」などと聞かれたら困ってしまうのでは?そんな「からだの性」と「こころの性」のことを、親子で考えるのが本書の目的。本書をとおして、親子で一緒に「性」や「自分らしさ」について考えていきましょう。
                            

見出し

プロローグ 見えている? 見えいてない?
第1章        「みんな」ってだれだろう?
第2章         オス? メス? それとも……?
第3章        男の子だから? 女の子だから? あなただから?
第4章        「みんなと同じところ」はないのかな?
第5章        言われたら「うれしいことば」「かなしいことば」
第6章        きみはだれが好き?
第7章        「けっこん」って何だろう?
第8章        「家族」って何だろう?
第9章        自分にできることはあるかな?
第10章        いろんな人がいる世界
エピローグ 世界に一人のきみとぼく
                        

作者経歴

著:鶴岡 そらやす 教育実践家。 幼い頃から自分が女性であることに違和感をもつトランスジェンダー。 5歳で両親が離婚し父子家庭に。中学入学前養母を迎えステップファミリーの中で育つ。 大学教育学部卒業後、公立小・中学校で教諭として15 年間勤務。 約2000 人の子どもたちの指導にあたり、退職後は自立型学習塾を経営。 現在は自分らしく生きることができる社会を子どもたちに手渡すため、講演活動やセミナーなどを行っている。

書籍情報

ファイルサイズ:34769 KBWord Wise:有効にされていません言語::日本語ASIN:B08HMR21XB出版社:日本能率協会マネジメントセンター (2020/8/1)Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能):有効X-Ray:有効にされていません

出版書誌データベースより

レビュー


おやこで話す はじめてのLGBTs

人文・思想カテゴリの最新記事