残念な「オス」という生き物

残念な「オス」という生き物

作者

内容

近、人間の世界ではLGBTなど多様性が認められ、性差がなくなりつつある。一方、寄生虫をはじめ、カタツムリ、ナメクジ、ミミズなど、生物界を見渡すと、雌雄同体の生きものは多く存在する。なぜ、人間のように「男」と「女」の性差を有する生物がいるのか?生物の「オス」に注目すると、何と残念な生きものなのだと思わせる物語でいっぱい!
単独では子孫を残すことができない「オス」の必死な行動や悲哀の先には何があるのか?すこぶる興味深い事例がたっぷり詰め込まれたライトな科学読み物。
※本書は2015年6月に株式会社三五館から刊行された『女はバカ、男はもっとバカ』を改題・再編集したものです。
                            

見出し





作者経歴

書籍情報

ASIN:B07HG62XC2出版社:フォレスト出版 (2018/9/19)発売日:2018/9/19言語::日本語ファイルサイズ:8097 KBText-to-Speech(テキスト読み上げ機能):有効X-Ray:有効にされていませんWord Wise:有効にされていません本の長さ:166ページ

出版書誌データベースより

レビュー


残念な「オス」という生き物

科学・テクノロジーカテゴリの最新記事