教育社会とジェンダー

教育社会とジェンダー

教育社会とジェンダー

作者

編著:河野 銀子

内容

幼児期、メディア、学校教育、部活動や進路選択等、私たちの世界にはどのようなジェンダー(社会的性)が埋め込まれているのか。男女の性差のみならずLGBTの人々への視点を取り入れ新たに編まれた教育社会学テキスト。

【執筆者】河野 銀子、藤田 由美子、岩本 健良、木村 松子、池上 徹、木村 育恵
                            

見出し

はじめに

 序 章
   1.「私」は誰? 「女」か「男」か?
   2.教員養成課程のなかの教育社会学
   3.教育社会学でジェンダーを学ぶ意義
コラム 大学における教員養成と教育社会学

第1部  子ども世界とジェンダー
 1章 幼児期
   はじめに
   1.幼児期とジェンダー
   2.幼児教育・保育とジェンダー
   3.「ジェンダー化」された子どもたちの園生活─幼稚園・保育園調査より
   おわりに─ジェンダーに敏感な保育をめざして

 2章 メディア
   はじめに
   1.「男のキティちゃん」?
   2.メディアは世界を公平に描いているか
   3.メディアのなかのジェンダー
   4.子どもはメディアに影響されるのか
   おわりに─メディアに描かれる性の多様性をめぐって

 3章 性的指向と性自認
   はじめに
   1.多様な性:性の4要素
   2.子どもの困難・学校での困難:からかい・いじめ・不登校・自殺
   3.LGBTをめぐる動向と教育
   4.一人ひとりの個性・性を大切にする学校・そして社会へ
   おわりに
   コラム 制服の洋装化  

第2部  学校教育とジェンダー
 4章 カリキュラム
   はじめに
   1.カリキュラム
   2.学校教育の3つの次元
   3.今後に向けて

 5章 教材解釈
   はじめに
   1.教科書とは何か
   2.教科書の改善をめぐる国内外の動向
   3.教材とジェンダー─男らしさ・女らしさ─
   4.教材解釈とジェンダー─レオ・レオニ原作『スイミー』から─
   おわりに

 6章 部活動
   はじめに
   1.部活動の現在
   2.部活動とジェンダー
   3.吹奏楽部の事例
   4.ジェンダーの視点から部活動の見直しを

 7章 スポーツ
   はじめに
   1.スポーツを通しての身体形成
   2.スポーツと身体形成におけるジェンダー理論
   3.メ ディアのなかのスポーツとジェンダー ─高校野球マンガの女性指導者─
   4.ジェンダー秩序の変容可能性
   コラム 特別支援教育とジェンダー

第3部  進路選択とジェンダー
 8章 進路選択
   はじめに
   1.進学率とジェンダー
   2.進路選択にみるジェンダー・ギャップ
   3.高校卒業後の進路におけるジェンダー・ギャップ
   4.高等教育における質的ジェンダー・ギャップ ─女子の短期高等教育機関進学の背景─
   5.今後の課題

 9章 文理選択
   はじめに
   1.進学先の実態
   2.理科の学力と理科への関心
   3.高校における「文理選択」
   おわりに

 10章 大学入試
   はじめに
   1.学部選択と男女の受験行動
   2.受験教科や実施方法による受験行動とジェンダー
   3.女性の理工学系選択に向けた高大接続と課題
   お わりに─これからの科学のあり方:ジェンダード・イノベーション(Gendered Innovations)に向けて
   コラム 教材のポリティクス

第4部  教員世界とジェンダー
 11章 教員世界
   はじめに
   1.教員世界の実態
   2.教育政策とジェンダー政策
   3.ジェンダー平等な教員世界に向けて

 12章 養護教諭
   はじめに
   1.養護教諭という存在
   2.学校の「お母さん」?
   3.周辺部からの照射

 13章 教師文化
   はじめに
   1.教師文化に着目する意義
   2.男女平等教育を取り巻く状況
   3.教師文化とジェンダーの課題
   おわりに

キーワード索引
                        

作者経歴

書籍情報

発売日:2018/4/16単行本(ソフトカバー):208ページISBN-10:4762027774ISBN-13:978-4762027772出版社:学文社; 新版 (2018/4/16)言語::日本語

出版書誌データベースより

レビュー

●この本に対するレビューはまだありません。


教育社会とジェンダー

人文・思想カテゴリの最新記事